妊娠中にはお口の環境にも変化が起こります

女性は妊娠すると、つわりがはじまったり、ホルモンバランスが崩れたりすることで、お口の環境が悪化することがあります。しかし、お母さんの中には「妊娠中には歯科治療は受けられないのでは」と、歯科医院を避けている方もいらっしゃるようです。しかし、妊娠中こそ歯科検診を受けるべきタイミングなのです。

三ノ輪の歯医者さん「星野デンタルクリニック」のマタニティ歯科では、妊婦さんの歯科検診に対応しています。妊娠中は、治療に制限やタイミングがあるので、妊娠中の歯科治療についてくわしくご紹介します。

妊娠中に歯科治療を受けるタイミング

妊娠中に歯科治療を受ける場合、以下のタイミングをふまえてご来院ください。

妊娠初期
(1~4ヶ月)
妊娠中期
(5~8ヶ月)
妊娠後期
(9ヶ月~)
つわりがあり、お口の中を触られるのは困難です。切迫流産を起こしやすい時期でもあり、激しい痛みなど緊急を要する症状がないかぎり、歯科治療は控えたほうがいいでしょう。 安定期に入り、もっとも歯科治療に適しているときだといえます。まだ動きやすいこの時期に、検診にお越しください。 お腹も大きくなり、診察台に横になるのも辛くなる頃です。出産を間近に控えたこの時期は、治療を控えたほうがいいでしょう。

妊娠中の歯科治療Q&A

妊娠中の歯科治療には不安がつきもの。こちらではよくあるご質問にお答えします。

レントゲンは大丈夫ですか?

歯科におけるレントゲン撮影は、子宮から離れている部分ですので、胎児への影響はほとんどありません。放射線は日常で自然に浴びていて、レントゲン撮影による被ばく量は日常に浴びている量よりも少量です。撮影時には防護エプロンを着用いただくので、さらに被ばく量を減らすことができます。

麻酔はできますか?

歯科治療で用いる麻酔は、基本的に局所麻酔です。お口の中のごく一部に対して施すため、母体や胎児に影響が出ることはありません。ご安心ください。

薬は平気ですか?

妊娠中に抗生物質や鎮静剤を用いる場合には注意が必要です。とくに抗生物質は胎児に悪影響を及ぼすものもあるため、妊娠8週目までは使用しないほうがよいでしょう。

鎮静剤についても同様ですが、やむを得ない場合には産婦人科の先生と相談しながら、比較的安全なものを小量処方します。痛みを我慢することで生じるストレスが問題になることもありますので、無理をしすぎないようしっかり相談しながら服用するようにしましょう。

生まれてくる赤ちゃんのために

妊娠中はお口の環境が悪化し、虫歯歯周病になりやすくなります。また歯周病は早産や低体重児出産を招く確率を上げるリスクがあるといわれています。生まれてくる赤ちゃんのお口には虫歯菌はいませんが、親御さんやおじいちゃん、おばあちゃんとのスキンシップによって、赤ちゃんにうつってしまうこともわかっています。

生まれてくる赤ちゃんの健康を守り、虫歯を予防するためには、身近にいる大人がきちんと歯科治療を受け、お口の環境を整えておくことが必要になります。もちろんお口の健康維持は、お母さんにとっても大切なこと。妊娠中には、何もなくても予防のために通院するようにしましょう。

できれば妊娠する前に歯科治療を受け、悪い部分をしっかり治しておくことが理想的です。それが結果として、生まれてくる赤ちゃんのためにもなるのです。

ページ先頭へ