歯をどうか抜かないで欲しい……その想いにお応えしたい

虫歯歯周病が悪化すると、ときに「抜歯」が必要になるケースがあります。しかし、「抜く」ということに大きな抵抗を感じる方も少なくありません。「どうか抜かないで欲しい……」という患者さんのその想いに、三ノ輪の歯科医院「星野デンタルクリニック」では、可能なかぎりお応えしたいと考えています。

抜歯を避ける取り組みとして、当院では根管治療歯周病治療にこだわり、たとえ重症であってもできるかぎり歯を残せるよう努めています。安心してご相談ください。

根管治療へのこだわり

虫歯が重度にまで進行して歯の奥の根管(こんかん)まで達すると、その中に通っている神経や血管は死んでしまいます。そこまで虫歯が進行してしまった場合は、根管の中から死んでしまった神経や血管を取り除き、薬剤を詰める「根管治療」が必要になります。

当院では根管治療に高倍率拡大鏡(8倍サージテル)を用いて、通常肉眼では見ることができない根管の内部をしっかり確認しながら精密な治療を実現しています。根管治療はとても難しい治療ですが、確実に行うことで悪化した歯も残せるようになるのです。

根管治療についてくわしくはこちら

歯周病治療へのこだわり

歯周病は、歯を支えている歯ぐきがやせて、悪化すると歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。また、日本人が歯を失う原因の第1位にも挙げられています。当院では、正しいケアをしていても治らない重度の歯周病に対し、さまざまな歯周外科手術を用いることで、できるかぎり歯を残せるよう努めています。

さまざまな歯周外科手術
歯周ポケットそうは術

麻酔をしたうえで歯周ポケットの奥深くのプラーク(歯垢)や歯石、感染した歯質、膿などを徹底的に取り除きます。

フラップ手術

麻酔をしたうえで歯ぐきを切開してめくり上げ、歯根を露出させて、歯根面のプラークや歯石、感染した歯質、歯肉組織を取り除く外科的処置です。

エムドゲイン

歯周病菌によって破壊されてしまった歯周組織を再生させるための処置です。組織が失われてしまった部分に「エムドゲインゲル」という薬剤を入れて、骨の再生を促します。

CTG

インプラント治療を行う部分の歯肉が痩せている、抜歯した部分に陥没した箇所がある、という場合に、上顎の口蓋(こうがい)から結合組織のみを採取して、歯肉退縮を起こしている部分の上皮と骨膜の間に移植し、歯肉を増やす治療です。

歯周病治療についてくわしくはこちら

歯ぐきの内側にできてしまった虫歯の治療

歯ぐきの内側に残っている歯根に虫歯ができてしまったときには、多くの場合は抜歯という診断になります。当院ではそういった場合には、「エクストルージョン」という治療によって、歯根を残せるようにしています。

エクストルージョンとは

エクストルージョンとは、矯正治療を部分的に行い、歯根を歯ぐきから少しだけ引っぱり出す治療法です。歯ぐきから少し出た歯根に被せ物を装着することで、噛む機能を回復させることができます。

それでも「抜歯が必要なとき」もあります

当院ではできるだけ歯を抜かずに残せるよう、さまざまな治療法を選択します。それでも「抜歯が必要なとき」があるのも事実です。それは、次のようなトラブルが起きているケースです。

  • 歯根が大きく割れたり、根の先までヒビが入っていたりする場合
  • 重度の歯周病で、歯を支える歯ぐきや顎の骨がなくなっている場合
  • 矯正治療を行っても噛み合わせの悪さが改善できず、まわりの歯や歯周組織に悪影響を与えている場合
  • さまざまな治療を行ったが効果が見られず、残しておくとまわりの歯や歯周組織に悪影響を与えると考えられる場合 など

「歯を抜かない」治療にとり組んだら、その後はより長持ちさせられるよう
予防歯科に通いましょう
星野デンタルクリニックの予防歯科について、くわしくはこちら